VAT税払い戻し

 

 

            付加価値税の払戻しをご希望のお客様は、スワンナプーム空港の4階の10番出口にあるサービスセンターで申請することができますし、同じ所のサービスボックスで手続をすることもできます。上記のところで、手続を終えて証明書をもらったら、ご出発のターミナル内の東側のサービス・ポイントでも西側のサービス・ポイントでも、次のような条件と手順を経て付加価値税の払戻しを受けることができます。

 

 

観光客の資格

  1. タイ国籍を有しないこと
  2. タイ国を出る航空機のパイロット又は乗組員ではないこと
  3. 国際空港からタイ国を出られる方
  4. 付加価値税払戻しの処理ができる店で買った物。そのような店には、付加価値税対応の表示が貼ってあります  
  5. 付加価値税の総額が2,000バーツ以上のお買い物であること
  6. 本籍はタイ国ではないこと

 

 

見本 : 観光客のための付加価値税払戻し VAT Refund のサービス・ボックス

 

 

付加価値税の払戻しを受けられる製品

  1. 付加価値税払戻しの対象に入っていて、VAT税払戻し対応の表示が貼ってある店で買った商品であること。 
  2. 買った日から60日以内に、その品物を持って、航空機でタイ国を出られること。
  3. 爆発物、けん銃、本体に組み立てられていない宝石のような禁止物ではないこと。
  4. 付加価値税総額が2,000バーツ以上の品物であること。
  5. 国際空港で、税関の監査に合格した物であること。

 一つ10,000バーツ以上の高価製品の税払戻しをご希望の場合には、入管を通って、中にいる税関係官にもう一度審査して、再度署名捺印をしてもらう必要があります。

 

 

付加価値税払戻し申請の手順

1.払戻し願いの申請書は税関の審査を受けなければなりません。 観光客は、税払戻し願い(P.P.10様式)と税還付の請求書の元本を提出し、税払戻しを受けたい商品も持参して税関係官の審査を受けます。 税関係官は、P.P.10様式の申請書の税関係官用の欄に、署名捺印をして、日付を書きます。 これにおいては、旅客ターミナルの外の4階の10番出入り口の付加価値税払戻し申請所にて行なわれます。

2.席の予約をして、チェックインして、受託手荷物を預けます。 それぞれ10,000バーツ以上のジュエリー類の品物で、本体に組み立てられた物、装飾品、金の装飾品、時計、メガネ、或いはペンのような物は、税関係官に提示し、願い書に基づいて審査を受けて、そして、願い書に署名・捺印をしてもらって、審査の日付も記入してもらってください。

3.入管(TM.)の出国審査を通過します。

4.税金の払戻しを受けるために、税払戻し願い(P.P.10様式)及び高価な品物を税関係官に提出してください  これは、ご出発お客様の旅客ターミナルの東側又は西側の付加価値税払戻し申請所にて行なわれます。

 

 

Read More